手軽の自宅で歯を白くするお手入れができるのは、ホームホワイトニングの大きなメリットです。

良い面も多くある反面、過剰な期待でがっかりしないように、注意点も理解しておくと良いです。

基本的にはホームケアであるために、葉に白さを実感できるまでには、それないの時間がかかります。

ホームケア用の薬剤は、歯科医院でのオフィスホワイトニングより、濃度が低くなっているためです。


歯の白さを感じられるまでには、2回から3回くらいのケアをして、白くなってきたことを感じ始めます。



しかしそれは、まだやっと1段階といったところです。歯を平均的な白さまで戻すためには、2ヶ月くらいを目安に、根気よく治療をすることです。

ホームケアをしている期間は、毎日の食事にも気を遣う必要があります。
特に自宅でのホワイトニングをしたら、その24時間はいつもいじょうに、歯に着色しやすい環境です。

歯に色がつきそうな、着色性のメニューは控える必要があります。

着色性食品の例を挙げてみると、コーヒーや紅茶、ウーロン茶やココア、赤ワインやカレーなどもそうです。

喫煙者はツライでしょうが、タバコも控える必要があります。

ターゲットに応じたiemoの分かりやすい情報はこちらのサイトです。

スイーツが好きな女子には切ない話ですが、チョコレートも控えたほうがいいです。

調味料のソースやしょうゆ、ケチャップなどもそうですし、合成着色料を使用した食品も控えるべきでしょう。

日中のホームホワイトニングでのマウスピース利用は、2時間は装着が必要になります。


ホワイトニングをしている間は、一切の飲食ができません。