インプラント治療では、それぞれの歯科クリニックによっても若干の違いがありますが、治療は定められた流れに沿って行なわれることになります。


まず、初診から治療計画に関してはカウンセリングを中心として進められることになります。
ここでは、患者からの予算や期間、最終的な完了に関しての話が進められ、総合的な判断が行われた後に埋入箇所や本数、付随する手術、治療期間の決定が行われます。
大切なことは、治療承諾書や見積書、また保証に関してや施術を行う医師の確認を行うことがあり、使用されるインプラントメーカーに関しても把握しておくことが必要になります。初回では、上下の歯列模型採取や口腔内写真、上下顎のレントゲン検査も行なわれますが、クリニックによって、その後、患者からの要望を3D画像診断を行ったり、立体的にインプラント手術の説明を行ってくれるところもあり、ここでは疑問点などがあった場合には納得のいくまで質問をすることが大切なことになります。


施術では、通常の歯茎麻酔が行われた後に、あらかじめシュミレーションされた長さ、太さのインプラントが骨の中に埋め込めれることになります。



かかる時間としては、本数にもよりますが、概ね30分~3時間程度で終了し、入院の必要はなく翌日からは普通の生活をすることができるようになっています。この場合には1ピースによる方法と2ピースによる方法では違いがあり、1ピースの場合のみ仮歯が装着されますが、決して噛まないようにする必要があります。

4meeeのホームページをチェックしましょう。

術後には1週間~10日前後で創部の消毒、抜糸が行われ、その後、上顎で3~6カ月、下顎で2~3カ月の治癒期間が設けられます。



最終的な工程では歯の型どりが行われ人工の歯が装着されますが、インプラントでは完了後には一切動くことがないために、型どりなどで違和感がある場合には必ず申出を行うことが重要なことになります。